四国八十八ヶ所を巡るお遍路ツアーに行こう

健康増進や自分探しを求める人はお遍路ツアーに参加してみよう

お遍路ツアーをもっと知りたい人はこちらをチェック

婦人

お遍路ツアーの準備

お遍路をするにあたって、必要な道具を見てみましょう。また、お遍路ツアーを参加する際には、歩きやすい靴や自分に適したスケジュールをしっかりと組むことが大切になります。事前準備を行なうことがお遍路を成功させる鍵ですよ。

READ MORE
お寺

お遍路を参拝する際の作法

お遍路ツアーでは八十八ヶ所の霊場を巡るので、参拝の仕方など気になる人は事前に調べておくと良いですよ。一番大事なのは心です。心を持って参拝することを意識しましょう。また、参拝時の作法も併せて確認するとよいです。

READ MORE

目的や巡り方も人それぞれな「お遍路」

お遍路を行なう目的は健康祈願や自分探し、開運、縁結びなど人によって異なります。巡礼者がもつ笠には「同行者二人」との文字が書かれており、一人は自分、もう一人は弘法大師を意味しています。つまりは弘法大師と二人での巡礼の道を歩いているのがお遍路でしょう。昨今ではお遍路ツアーが人気を集めているので、色々とチェックしてみましょう。

お遍路について気になる質問

お遍路ってどういうものですか?

お遍路とは弘法大師(空海)の足跡をたどって、八十八ヶ所の霊場を巡礼することを指しています。札所の番号順に回ってもその反対でも特に問題ありません。最近では、健康増進やパワースポットなど色々な使われ方をしており、お遍路ツアーというものが人気を集めています。

お遍路はいつでもできますか?

八十八ヶ所の札所は基本的に無休となっているので、お遍路に行く日取りや時間は自由となっています。春や秋に行う人が多くて、気候が良くお遍路に適した時期である反面、札所の納経所では待つことがあります。なお、納経所の閉館時間は7時~17時となっているので注意しましょう。

日数はどれくらいかかるのですか?

歩いて行なう場合だと、50~60日が一般的となります。1日の歩行距離は平均40キロくらいが目安です。個々の体力やコースによって差があるので、納経所が混んでいたり、身体が痛む場合だと計画通りには進みません。そのため、余裕を持って計画を立てるようにしましょう。

一番から回らないと駄目ですか?

回る順番などは特に決まりはないので、安心してください。ですが、初めて回るようでしたらやはり一番から順番に回ると効率が良いと考えます。また、うるう年には「衛門三郎」にちなんで八十八番から逆回りをする人が多いです。

体力に自信がなくても大丈夫ですか?

バスやタクシー遍路の場合は、最近は参観道路も拡張塗装されて難所とされていた寺院も車が入れます。あわせて、ロープウェイやケーブルカーも利用可能になったので、歩く距離が少なくなって前と比べても楽になりました。どうしても無理な場合は、添乗員などに相談しましょう。

スキーツアー(スノボツアー)が検索できる
優良プランを見つけよう格安航空券をラクラク検索☆
移動費用の節約が可能♪沖縄格安ツアーの申し込み
エリア情報を確認しよう四国八十八ヶ所お遍路をしよう!
専門ツアーの利用がイチオシ☆

お遍路について知ろう

家族と鞄

お遍路の方法

どこからはじめても大丈夫なお遍路ですが、一番札所から番号順に巡る「順打ち」が一般的な巡礼方法になります。八十八番から巡礼することを「逆打ち」といって、順打ちの三回分のご利益があると言われています。他にもすべての令嬢を一遍に巡る「通し打ち」や適当に区間を区切って巡る「区切りうち」、一つの県を国として巡る「一国参り」などがあり、自分の体力やペースにあわせて、巡り方を選びましょう。

移動手段

巡る順番や数、期間が自由なだけではなくて巡礼の手段も自分にあわせて選択することが出来るのがお遍路の良いところになります。「歩き遍路」「車遍路」「ツアーバス遍路」などの方法があるので、自分のスタイルで好みの巡り方を見つけてみましょう。

お遍路ツアーに参加する

お遍路ツアーでは「バス・タクシー巡礼」はもちろんのこと、思い立っても中々一人では行けない「歩き遍路」もツアーで実施しているのが特徴です。豊富なバリエーションがあるので、その中から自分に適したプランを選んでいただき、さらに日程や旅館などの要望もきめ細かく対応することが出来ますよ。

一人でも安心

意外とおひとり様での参加が多いのがお遍路ツアーとなります。なので、一人でも安心して参加することが出来ます。先達と呼ばれる経験豊富な巡礼の案内・先導役や添乗員、ドライバーがいるので、一生懸命サポートしてくれるでしょう。気になる人は、大体の会社でお遍路ツアーの事前説明会を行なっているので話を聞きにいくと良いですよ。

宿泊先や食事のこだわり

お遍路ツアーの宿泊はグループごとに個室を用紙していることが多いです。また、希望であれば一名一室も利用可能となっています。食事はドライバーがその土地のおすすめのお店を案内します。その土地ならではの料理を楽しみながら、疲れた身体を宿で癒すのもお遍路ツアーの醍醐味となります。

広告募集中