お遍路ツアーで使用する道具や身支度は事前に確認しておきましょう

お遍路ツアーの準備

婦人

必要な道具とは

お遍路ツアーに参加する際にはじめから全てを揃えなくても大丈夫ですが、菅笠や白衣、金剛杖を身につけている人が多いです。周囲の人たちが見ても、お遍路さんとわかるので、道を教えてくれたり、声をかけてくれることが多いです。道具は一番札所の他にも、遍路用品を通販で購入できるので、必要に応じて揃えていきましょう。

菅笠(すげがさ)

日よけや雨除けにもある菅笠は、参拝時や僧の前でも被ったままでも大丈夫ですが、靴を脱ぐ場所では脱がないといけないです。笠には弥勒菩薩を表す梵字、同行二人の名などが書かれています。菅笠は基本的な道具となっているので、入手しやすいです。

白衣(びゃくえ)

白衣(道中着)はお遍路をしている人の正衣装になります。袖なしのタイプとなって、それは笈揩と呼ばれています。なお、歩きお遍路さんには袖付き白衣を推奨しています。笈揩はリュックを背負うと形崩れして、だらしない印象を与えます。本格的なお遍路を求めている人は、この白衣は入手していた方が良いでしょう。

金剛杖(こんごうづえ)

杖の上部には五輪塔かたどった刻みがあり、空・風・火・水・地を表す五つの梵字が書かれているのが特徴です。この杖は弘法大師の化身となっているので、不浄な場所には持って入らないという決まりがあり、休む際も杖の先を洗って拭いて合掌します。また、出掛ける際も合掌してから持ちましょう。

お遍路の身支度

お遍路ツアーは、参道だけではなくて舗装道に対する対策も必要になります。まずは、歩きやすい靴を選ぶことを意識してください。荷物の重さもちゃんと考慮して、道中は無理しないように自分に適した日程を組むことが重要になります。

広告募集中